2008年03月15日

今回の円高はちょっとまずいぞと思う

50590.jpg昨日、1ドル=100円を切ってマスコミが大々的に報道していましたが、今回の円高は結構大きな現象のような気がします。

ご存じのように、今日本は次期日銀総裁さえ決められない、政治空白ともいえる状態にあります。
また、最近の日銀短観を見ても、決して景気の先行きがよいとはいえません。

米国がサブプライム問題で揺れているとはいえ、これほど対日本円でもドル売りが加速するというのは、世界的に見て、米国ドル依存状態に対する不信が出てきているように思います。


実は、米国は、世界最大の対外債務国家です。

現在、米国が抱える対外債務は250兆円。
GDP比で20%にまで達しています。


一方で日本は、巨大な対外債権国家です。

現在、日本が保有している対外債権は215兆円。
実は、GDP比40%という巨額の資産を保有しているのです。


国家を企業にたとえると、米国は毎年赤字を垂れ流し、他の企業からの融資で成り立っている状態。
企業の価値といえる株高(ドル高)でなんとかやってきているといえます。


一方、日本は、毎年経常黒字で、他の企業にどんどん融資している状態です。
株価(円の価値)は、まあ並というところでしょうか。
国内の借金(国債など)が多額なため、財政的な危機が指摘される日本ですが、対外的には極めて優良な国家といえます。


2001年のアルゼンチンの経済破綻は、GDP比で50%超となる14兆円の対外債務を抱え、その返済が不可能であると、デフォルト(債務不履行)を宣言したため起こりました。

今や、あの米国がこの状態に近づいているといえるのです。

そのため、米国の生命線であるドルが安くなってしまうと、実は米国の経済は意外にもろい可能性が有るのです。

また、ドルの価値が下がると、相対的に対外債務の価値が上がってしまうという負の循環も待っています。



米国は政府のトップクラスがドル価格維持のための声明を出していますが、その効果は限定的でしょう。

米国の次の手は・・・、

1985年の日米プラザ合意のように、対中国元やユーロでの為替レート操作になるのかもしれません。

ただ、当時の日本のように、今の中国や欧州がすんなり応じるのは期待できないですね。
そうなると・・・。

安易な外貨預金などは控えた方がいいかもしれません。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 14:15日記的なブログ

2008年03月06日

第4・第5の携帯電話

50384.jpg完全に三強状態になっていた携帯キャリアに、突然今月から2社が参入します。
そのうちのひとつはディズニーモバイル
こちらはすでにマスコミなどで大量に報道されています。
ただ、こちらはソフトバンクのディズニー仕様みたいな部分がありますので、正直なところあまり興味はわきません。

もうひとつの新携帯電話は、イーモバイルです。
こちらは、従来の携帯キャリアと比較して大きな違いがあり、今からかなり興味津々です。

現在、以前のエアーエッジからこのイーモバイルにデータカードを変更された方が多いと思います。
イーモバイルは、このデータカードを使っていて、データ量無制限のコースを契約していると、携帯電話が月額利用料無料で使用できます。
そこに、月額980円のオプションをつけると、なんと、イーモバイル同士の通話が24時間無料になります。
これまでの携帯では考えられない低価格サービスといえます。
しかも、イーモバイルの通信網を利用しますので、データ通信が3.6Mbpsの高速通信。
ホームページをフルブラウザでさくさく閲覧できる速度です。

携帯の機種は2機種しかありませんが、利用形態によっては非常に魅力的なサービスといえます。
これはスゴイです。

イーモバイルの携帯電話サービスは3/28スタート。
あと3週間程度で開始です。
日本の携帯電話が大きく変わることになるかもしれませんね。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 17:28Comments(0)日記的なブログ

2008年03月05日

貨幣とは鋳造された自由である

50361.jpg「貨幣とは鋳造された自由である」
最近よんだこの本に書かれていたドストエフスキーの言葉です。
この本の主題とは違いますが、この言葉にピンと来ました。


哲学的に、お金はなんだろうと考えると、かなりの難問だと思います。

しかし、この言葉のように、お金は人生で自由を得るためのツールだと考えると、かなりすっきりするように思います。


お金がないと、不自由を強いられます。

たとえば、経営者の場合、

・個人保証を入れて銀行から融資を受けなければならない。
・下請け仕事に甘んじなければならない。
・お客様からの値引き要請に応じなければならない。

個人でも、

・やりたくない残業をしなければならない。
・土日も働かなければならない。
・いやな会社を辞められない。

お金があれば、上記のような不自由から解放されて自由を得ることができるのです。
自由を得て、自分がやりたいこと・仕事に専念することができるようになります。

このドストエフスキーの言葉は、かなりお金の本質的な部分をついているのではないかと思います。
この意味で言うと、適正な利潤を得ることがしごく真っ当なことであると考えることができますし、逆に商品やサービスを適正価格よりも安売りしてしまうことは、自分の自由を切り売りしていると考えることにつながるのではないでしょうか。


また、当社の制作するホームページは、その意味でお客様に自由を得ていただくためのツールだと思うようになりました。
なんか、久しぶりに仕事の話になりましたが、当社はホームページ制作会社ですので(笑)


ちなみに、この本は、潜在意識の奥底に「超意識」という超人的な力があり、それを活用するための手法が紹介されています。
イチロー、松坂、タイガーウッズなどは、この「超意識」を使って卓越した成績を残していると説明されています。

この本の著者溝口 耕児氏は、経営者などを対象としたカウンセラーとして多大な実績を上げられている方で、カウンセリングフィーが1時間10万円ということです。
この著者の側近中の側近であり、同じ業務を名古屋でもされている田口様のホームページを当社で制作させていただきました。
私も診断していただきましたが、的確な診断結果と具体的なアドバイスをいただきました。
こういったサポートのあるなしで、人生は大きく変わってしまうのだと実感しています。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 13:40Comments(0)日記的なブログ

2008年02月05日

スキャナマインドという無料ツール

49648.jpg自分の思考を整理するツールとして有名なものに、マインドマップやKJ法などがあります。
ただ、どちらも結構時間を使いますので、いつでも気軽に利用できるツールとはいえません。

先日、全く別の調べ毎をしていたときに偶然見つけたツールがこちら。
http://www.scanamind.jp/

スキャンマインドというツールです。

現在は無料で使えるようです。

このツールは、まずテーマを決め、それに関係する15個のキーワードを決めます。
次に、順に表示されるキーワードの関連性を直感で判断します。
この直感で判断するところがミソのようです。

その結果、テーマに関するキーワードの状況が表示されます。
このことにより、テーマに関する自分の思考が整理され、さらに、方向性や抜け落ちを判断することができるようになります。

実際使ってみましたが、時間がほとんどかからないにもかかわらず、なかなか深い結果を得ることができました。

ぜひ、一度体験してみてください。
思いがけない結果を得ることができるかもしれませんよ。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 01:52Comments(0)日記的なブログ

2008年01月17日

思考は現実化するということ

49162.jpg先日、テレビを見ていましたら、若槻千夏さんが「究極のダイエット法」と題して次のような話をしていました。

たとえばメロンパンをどうしても食べたい場合、

メロンパンは実際には、500kcalある食品だが、これを5kcalだと思いこむ。
そして、メロンパンにも自分が5kcalだと思いこませる。
こうしてからメロンパンを食べると、絶対に太らない。

以前、リバウンドを繰り返していた若槻さんは、この方法で全く太らなくなったそうです。

周囲は爆笑でしたが、3年連続でゴルフ賞金王に輝いた片山晋呉だけは「それわかる」と感心して聞いていました。

私も正直、感心してしまいました。
若槻さんはまだ23歳。
この年でこんな極意をどうどうとテレビで話すということに驚いたのです。

たとえば、ものすごく大食いでもやせてる人がいる一方、あまり食べなくても太っている人がいます。
科学的に見れば、間違いなくあり得ない話です。
これはすべて、その人の思いが反映されている結果なのだと思います。

同じ食品でも太ってしまうと思って食べた人は太り、太ると思わないで食べた人は太らないように思います。
ある意味、その人の願い通りになっているのです。


私は全くすいませんが、タバコなどでも同じだと思います。

体に悪いと思いながらやめることができずにタバコを吸う人は、ある意味、その”願い通りに”カラダを壊すという結果を引き寄せているのではないでしょうか。
いくらすっても全くなんとも人がいるのにです。

おそらく、タバコが体に悪いという思いを完全に払拭できない人は、タバコを辞めた方がいいのです。
一方、そういう思いが一切無い人は、いくらすっても平気なのだと思います。
このことから考えると、タバコの箱に大きく印刷された警告文は、非常に危険な暗示だともいえるのです。

食べ物も同じですね。
体に悪いという思いが沸いてきたらどんなに食べたくても絶対に辞めるべきなのです。
体に悪くてもいいやと思いながら食べたものは、その願い通り体に悪影響を及ぼしてしまうことになるからです。

人間の体は、細胞の一つ一つまで、すべて口から入れたものでできているのですから。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 22:36Comments(0)日記的なブログ

2008年01月10日

ドリームゲートアドバイザーに登録されました。

nlc081-s.jpg新年明けましておめでとうございます。
アドバンテージの五十嵐です。
本年もよろしくお願い致します。

子年である今年は、干支の最初の年ということもあり、識者によれば、何かをスタートするのに適した年だということです。

また、今日は、新月の日です。

新月の日は、新しく月が生まれ変わる日であり、この日も何かをスタートするのに適した日であるといわれています。

米国で、DMの配布日別の反応率が調査された結果、最も反応がよかったのが新月の日だったそうです。



今日1/8は、2008年が始まって最初の新月の日。

極めて何かをスタートするのに適した日といえます。

この今日、私はドリームゲートアドバイザーとして登録いただくことになりました。

http://www.dreamgate.gr.jp/consul/pro/nagoya/

ドリームゲートとは、経済産業省の後援で開設された国家的な起業家支援プロジェクトです。
日本に起業家を増やすことを目的として運営されています。

私自身、幼少の頃から起業にあこがれており、紆余曲折を経て30歳で事業を起こしました。
おかげさまで業績も好調に推移しており起業してよかったと心から思っています。

自分の経験を生かし、何か社会に対して貢献できることはないだろうかと考えていたところ、このアドバイザーのお話を聞き、早速応募させていただきましたところ、採用いただき、本日の登録となりました。

年始で新月のこの日公開されたことも、また幸先のよいことだと感じています。

このドリームゲートアドバイザーを通して、地域の方々の起業に貢献できれば、これほどうれしいことはありません。

今年もがんばります!!

それでは、本年も何卒よろしくお願い致します。  


Posted by 株式会社アドバンテージ at 12:24Comments(0)日記的なブログ